【珍】キノコ「タケリタケ」が大地に猛り立つ雄姿をご覧ください

今回は、思わせぶりな形をしているため、ネットでもしばしば話題になるキノコ「タケリタケ(猛茸)」をご紹介します。

広告

タケリタケ(猛茸)の生態

さてこの「タケリタケ(猛茸)」いったいどうしてこんな形になってしまったのでしょう。
その理由を調べてみました。

カビとキノコのコラボによる自然の創作物「タケリタケ」

テングタケの仲間のガンタケヒポミケスキンという菌類(カビ)が寄生して、奇形になってしまったものをタケリタケと呼びます。

ヒポミケスキンは、宿主に寄生する菌類界の中のいわゆる「ヒモ」的な存在です。
ヒポミケスキンは珍種の菌類で、キノコのつぼみに寄生し、宿主のキノコを奇形にする性質を持っています。
寄生されたきのこは茶褐色に変色し、傘が開かないまま成長します。

写真で見てみよう!ヒポミケスキンの使用前→使用後

↓ガンタケは普通のキノコらしいキノコなのですが…

ガンタケ(雁茸) 通常の状態で成長したもの

↓ガンタケにヒポミケスキンが寄生すると

ヒポミケスキンに寄生され成長したガンタケ(雁茸)

あらビックリ!!こんな形に成長してしまいます。

「タケリタケ」は、ヒポミケスキン(カビ)とガンタケ(キノコ)のコラボレーションによる自然の創作物であると言えるでしょう。

「タケリタケ」写真集

では、ここで猛り立つタケリタケの雄姿をご覧ください。

タケリタケの雄姿 その1

タケリタケの雄姿 その2

タケリタケの雄姿 その3

見かけ倒し・ガッカリ感が半端ない「タケリタケ」の真実の姿

前項でご紹介したように、ネットや図鑑に載っている写真は、わざと選んで撮影したのではないかというくらい勇猛に猛り立ち、逞しくマッスルなフォルムのものが多いです。

しかし、実際の「タケリタケ」の姿は、かなり小さく硬くもなく触るとボロボロと崩れ落ちるそうで、ガッカリ感が半端ないようです。

カビに寄生されているのですから当然と言えば当然なのですが…やっぱりちょっとガッカリですかね。

まとめ

「タケリタケ」は、最初からこのような形なのではなく、菌類に寄生された結果、何かを想像させてしまうフォルムとなってしまった、かわいそうなキノコなのです。

また、テングタケ以外にヒポミケス属の菌が寄生したきのこはタケリタケとよばれません。
なぜなら猛っているように見えないから。

ヒポミケス属の菌が寄生したベニタケ

うん見えない♪

「テング」のみ「タケリタケ」の称号を与えられるのです。

ちなみ「タケリタケ」は食用には適さないそうです。
毒のある個体が多いらしいので、見かけても食べたり舐めたりしないでくださいね。

何かに似ている【珍】生物をもっと見てみたい方は、こちらの記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告