【2018年「億万長者」へのはじめの一歩】海外の仮想通貨取引所で「草コイン」を安全に買う方法

「仮想通貨で億り人」
「仮想通貨で億万長者」
昨年の2017年には、仮想通貨取引で大金持ちになる人が続出しました。
2018年はどうでしょう?
まだ、「億り人」と呼ばれる大金持ちになる可能性は残されているのでしょうか?

お金持ちにはなりたいけれど、今さら仮想通貨って遅くない?と思っている方。
実は仮想通貨には、まだまだ大金を稼げる希望があります。

その希望とは、「アルトコイン」「草コイン」と呼ばれるマイナーな仮想通貨への投資です。

2018年の現在、マイナーなアルトコイン・草コインへの投資が、億万長者への最短ルートである可能性が最も高いと思われます。

なぜ、マイナーなアルトコイン・草コインに希望があるのか、その理由をみていきましょう。

「草コイン・アルトコインへの投資」は億万長者への最短切符

「アルトコイン」「草コイン」は世間から認知されていなかったり、人気がなかったり等の様々な理由で、値段が非常に安いコインです。
1通貨の価値が1円以下だったり、中には0.0001円にも満たない通貨もたくさんあります。

しかし、安いからといって侮ってはいけません。
草コインの中には、数百倍から数千倍まで暴騰するお宝コインが眠っているのです。

暴騰した草コインの例

過去に暴騰した草コインの例を挙げてみます。

Experience Points(XP)

XPコインExperience Pointsというのが正式名称です。
ゲームとの関連が非常に強いコインで、将来Eスポーツなどの賞金や、ゲームポイントの購入などで利用されることが想定されています。

XPコインは2017年11月までは、日本円で0.0001円ほどの価値しかありませんでした。しかし2017年12月中旬から価格が跳ね上がり、2018年1月のピーク時にはなんと0.58円になりました。
約580倍の高騰です。

もしも初期の価格(0.001円)1万円分購入していたら、580万円になっていました。

Verge/ヴァージ(XVG)

Vergeコインは送金速度の高速化と匿名性を特徴とする仮想通貨です。

Vergeコインは2017年の5月から徐々に価格が上昇し、2017年の年末に大高騰しました。0.0021円だったものが、27円近くへとぶち上がったのです。
約12500倍の高騰です。

初期に1万円分(0.0021円)購入していれば、なんと1億2千万円です。
もう一瞬で億り人の一例ですね。

TRON/トロン(TRX)

TRONはブロックチェーン技術を用いて、世界中の誰もが無料で楽しめるエンターテイメントの構築を目的に開発された通貨です。

TRONは2017年12月に前日から比べてなんと93%超えの超バブルな日がありました。
たった1日で93倍の高騰です。

1万円分購入していれば、一日で92万円になっていました。

「草コイン」は、少額投資で「億り人」になれる可能性がある

いかがでしたか?
草コインは、投資金額が0になって損をするリスクも勿論ありますが、少ない投資で億り人になれる可能性があるのです。

日本では「マイナーな仮想通貨」が購入できないので、海外の取引所を利用

草コインやアルトコインを買ってみたくなりましたか?

しかし、日本では、時価総額の高いイーサリアムやリップルなどの有名アルトコインは購入することはできますが、マイナーな仮想通貨は、日本の取引所での取り扱いがありません。

残念ながら日本の取引所で、「草コイン」の購入はできないのです。

そこでマイナーコインを購入するために利用するのが、海外の仮想通貨の取引所です。

海外の取引所って怪しくないの?

日本の取引所では、マイナーな仮想通貨(草コイン・アルトコイン)が買えないから、海外の仮想通貨の取引所を利用するしかないのは分かったけれど、

  • 「海外の取引所ってなんか怪しくない?」
  • 「信用できるの?」
  • 「登録しても大丈夫?個人情報を悪用されたりしない?」
  • 「大切なお金を預けた途端にトンズラとか閉鎖・倒産したりしない?」

など、初めて海外の取引所を利用する時には、不安要素は山盛りだと思います。まずは海外の仮想通貨取引所のメリット・デメリットを見ていきましょう。

海外の仮想通貨取引所のメリット・デメリット

メリット
  • 口座開設が日本の取引所と比べて簡単。(メールアドレスとパスワードだけで簡単に登録が可能な取引所が多い。)
  • 手数料が日本の取引所と比べると格段に安い。
  • 取り扱う仮想通貨の種類が豊富。
デメリット
  • 信頼性にかける気がする。
  • 日本語対応がない取引所がある
  • 日本円が使えない。

結論:信頼できる取引所なら大丈夫

海外の取引所は、突然閉鎖したりと信頼性に欠ける取引所があることは事実です。
結論としては、信頼できる取引所を選択すれば、ほぼ大丈夫です。

おすすめの信頼できる海外取引所は、Binance(バイナンス)CoinEX(コインイーエックス)です。

Binance(バイナンス)

Binanceは、手数料が安い・使いやすいアプリがあると世界でも大人気の海外取引所です。

手数料が安く、使いやすいアプリがあると世界で大人気の海外取引所。

CoinEX(コインイーエックス)

CoinEXは、日本語対応があり、手数料も安くアプリもあり、取引所の配当型トークンCETが人気の海外取引所です

日本語対応があり、取引所独自の配当型トークンCETが人気の海外取引所。

海外の仮想通貨取引所の始め方フローチャート

海外の仮想通貨取引所を利用するために、やっておくことのフローチャートです。

【STEP1】日本国内の取引所・販売所で口座を開設(おすすめはZaifGMOコイン)

【STEP2】日本国内の取引所・販売所に日本円を入金

【STEP3】日本国内の取引所・販売所で基軸通貨を購入

【STEP4】海外の仮想通貨取引所に登録(おすすめはBinance(バイナンス)CoinEX(コインイーエックス)

【STEP5】日本国内の取引所で購入した基軸通貨を送金

【STEP6】コイン購入

では、フローチャートを詳しく見ていきましょう。

【STEP1】日本国内の取引所・販売所で口座を開設する

海外の取引所では日本円が使えません。

取引を行うためには「ビットコイン」や「イーサリアム」などの基軸通貨を手に入れる必要があります。

なので、まずは日本国内の仮想通貨取引所または販売所の口座を開設します。

注意したいのは、日本の取引所・販売所は、本人確認などの手続きが多いため、口座の開設に1~2週間はかかります。時間に余裕を持って準備しておきましょう。

管理人のおすすめの仮想通貨取引所・販売所はZaifGMOコインです。

近畿財務局登録済。テックビューローが運営、フィスコと事業提携の安心の取引所。手数料の安さと銘柄の多さがオススメポイント

関東財務局登録。GMOインターネットグループ(東証一部上場)。今なら口座を開設すると、ビットコイン20,000satshiが貰えるプレゼントキャンペーン実施中。

【STEP2】日本国内の取引所・販売所に日本円を入金

口座が開設できたら、日本円を入金します。

【STEP3】日本国内の取引所・販売所で基軸通貨を購入

入金した日本円で、基軸通貨となる仮想通貨(ビットコインやイーサリアム)を購入します。
ビットコインを購入しておけば、ほぼどこの取引所で使えます。

【STEP4】海外の仮想通貨取引所に登録

いよいよ海外の仮想通貨取引所の口座を開設します。
口座の開設は、日本の取引所・販売所と比べてかなり簡単です。
メールアドレスとパスワードだけで簡単に登録が可能な取引所が多いです。

おすすめの仮想通貨取引所はBinance(バイナンス)と、CoinEX(コインイーエックス)です。

【STEP5】日本国内の取引所で購入した基軸通貨を送金

国内で購入した基軸通貨を送金します。

【STEP6】コイン購入

気になる仮想通貨を購入しましょう。

おすすめの海外取引所2つ

Binance(バイナンス)

海外取引所でおすすめなのが、まずは、なんといってもBinance(バイナンス)です。
手数料が安い上に、使いやすく世界でも人気の海外取引所です。
2017年7月されて以来、あっという間に大成長し、世界規模の仮想通貨取引所となりました。

まずはここで、口座を開設し慣れてから、他の海外取引所の口座開設を始めるのがおすすめです。

本社所在地 香港から地中海のマルタ島に移転(2018年3月24日発表)
開設 2017年7月
【おすすめの理由1】日本人ユーザーが多い

バイナンスの利用者は米国人ユーザーが38%と1番多く、2番目に多いのが日本人ユーザーだそうです。(2018年2月時点)
バイナンスの取引は基本が英語ですが、日本人ユーザーが多いので多くのサイトやブログに取引の方法や感想などが取り上げられています。
日本語での情報が多く安心して取引をすることができます。

【おすすめの理由2】アプリが使いやすい

Binanceのスマホアプリは非常に高性能で使いやすいです。表記は英語ですがすぐに慣れることができるでしょう。

【おすすめの理由3】信頼度が抜群

バイナンスを設立し、CEOを務めているのがジャオ・チャンポン(趙長鵬、Changpeng Zhao)氏です。2月末のフォーブスの表紙を飾っています。

【おすすめの理由4】厳選された「草コイン(アルトコイン)」が豊富

草コイン(アルトコイン)には詐欺コインも多く存在しますが、バイナンスに上場している草コイン(アルトコイン)には、詐欺と呼ばれるものが比較的少ないです。

バイナンスCEOのジャオ氏のインタビューによると、
「これまで5000件以上の取り扱い申請を受けたが、各コインの信頼性やユーザーベース、流動性の観点から判断し、そのうち3%しか受け入れていない」との事。

バイナンスの取り扱いコインは現在、約120と日本の取引所に比べて圧倒的に多いのですが、厳選された草コインを取り扱っているので、比較的安心して取引ができると言えるでしょう。

【おすすめの理由5】オリジナルトークンを発行している

バイナンスは、Binance Coin(BNB)というオリジナルトークンを発行しています。

BNBトークンを使うと、ただでさえ安い手数料がさらに大幅割引になります
初年度は半額、2年目以降も割合は下がっていきますが、割引が適用されます。

お得に使えるだけでなく、BNBトークン自体も価格が上昇しました。

【おすすめの理由6】手数料が安い

手数料が他と比べて圧倒的に安いのもバイナンスの特徴です。
手数料はなんと0.1%です。

さらに、前述のバイナンスコイン(BNB)のオーナーは手数料の50%の割引が受けられます。
少額のBNBを購入しておけば、手数料はなんと0.05%という破格の値段になります。

【おすすめの理由7】ハードフォークへ積極的に対応

ハードフォークへの対応は、仮想通貨において重要です。

取引所によっては新しくできた通貨を受け取れなかったり、かなり遅かったりといったこともあります。バイナンスは、ビットコイン分裂時にすべてのフォークコインを付与すると公式発表しています。

【おすすめの理由8】すぐに口座を開設できる

日本の取引所とは違ってすぐに口座が開設できるのもおすすめの理由です。メールアドレスがあればOK。5分程で口座を開設することができます。

デメリット

バイナンスの唯一のデメリットは、日本語に対応していないということです。昨年までは日本語対応をしていたのですが、金融庁の警告を受けたせいか、急に日本語の対応がなくなってしまいました。

ただ、バイナンスは、日本人ユーザーが多いので、たくさんのサイトやブログに取引の方法や感想などが取り上げられています。
日本語での情報が多いので、日本語対応がなくても安心して取引をすることができます。

手数料が安く、使いやすいアプリがあると世界で大人気の海外取引所。

CoinEX(コインイーエックス)

もうひとつのおすすめの取引所は、CoinEXです。こちらは ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨としている珍しい取引所です。

【おすすめの理由1】運営がしっかりしていて信頼できる

CoinEXは、巨大マイニングプールのViaBTCが運営する仮想通貨の取引所です。世界的な安心感と技術力が抜群です。

【おすすめの理由2】配当型の取引所トークン(CET)がある

CoinExは取引所トークン(独自通貨)のCETを発行しています。
CETトークンの一番の特徴は取引所利益の80%を保有者に毎日比例分配するという配当制度です。CET保有者は毎日、配当が貰えます。

管理人もCETを保有していますので毎日、配当を貰っています。

2018年6月には、CETの価格が急騰し一躍注目を集める取引所になりました。

【おすすめの理由3】日本語に対応している

CoinExは日本語に対応していますので、英語が苦手な方でも安心して取引をすることができます。

【おすすめの理由4】手数料が安い

CoinExも手数料が他と比べて圧倒的に安く0.1%です。

【おすすめの理由5】口座を開設が早い

日本の取引所とは違ってすぐに口座が開設できるのもおすすめの理由です。メールアドレスがあればOK。5分程で口座を開設することができます。

※ただし、前述のCETの配当を貰うには本人確認が必要となります。

日本語対応があり、取引所独自の配当型トークンCETが人気の海外取引所。

まとめ:草コイン・アルトコインには「夢」がある

「ビットコイン」や「イーサリアム」「リップル」等の有名なアルトコインは、株やFXに比べれば価格の幅(ボラティリティ)は、はるかに高いです。
しかし、数百倍・数千倍といった価格上昇が見込めたのは、もう既に過去の話です。
今後もそこまでの価格上昇は見込めないでしょう。

今、ビットコインや有名アルトコインに投資をしても、「一万円分買った仮想通貨が数百倍・数千倍・数万倍に!」といった夢のような話は、まずないでしょう。

その点「草コイン」「アルトコイン」は、少ない投資で億万長者への夢を実現させてくれる可能性を秘めています。宝くじ感覚で「夢を買う」と思って、余剰資金で始めれば、毎日が楽しくなることうけあいです。

ジャンボ宝くじ10枚分の3000円を草コインに投資して、もしも1年後に100倍になったら30万円1000倍になれば300万円です。

しかも、良く調べ情報収集をした上で「草コイン」に投資をすれば、ジャンボ宝くじを買うよりも、億万長者になれる確率は遥かに高まります。

草コイン・アルトコイン投資は、宝くじとは違って運に全てを任せるのではなく、行動力と情報収集力などの実力がものをいう世界なのですから。

また、海外の取引所を使用していると、自然と「英語力」が高まります。
お金が絡むと、人はものすごい集中力を発揮することができ、英単語などは一発で覚えることができるようになります。
そして海外の英文のサイトを見るようになり、徐々に翻訳機能を使わなくても意味が分かるようになってきます。
自己啓発の意味でも「草コイン」「アルトコイン」投資はおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加