人の食べ物を勝手に食べてしまう『食いつくし系』は『発達障害』が原因かも!?

●人の食べ物を勝手に食べてしまったり…
●配分を考えずに大皿料理を一人で全部食べつくしてしまったり…
●人のお皿に箸をのばして自分の好きなものを食べてしまったり…

など、一緒に食事をしている人のことを思いやることができず、自分の欲望を優先する困った行動をとる人たちを「食いつくし系」と呼ぶそうです。

食いつくし系のエピソードをたくさん見ていると、単に意地汚い・卑しい人もいるのですが、中には、これはもはや障害なのでは?と思わせるようなエピソードがあります。

気になったので、食いつくし系は発達障害の一種なのかということを調べてみました。

食いつくし系は発達障害が原因か?

発達障害は

  • 自閉症スペクトラム(ASD)※以前はアスペルガー症候群(AS)と言われていました
  • 注意欠如多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

の3つに大きく分けられます。この3つの中での人の食べ物を勝手に食べてしまう『食いつくし系』に関係がありそうなのは、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)注意欠如多動性障害(ADHD)です。それぞれの特徴をみていきましょう。

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)

自閉症と言っても自分から閉じこもる病ではありません。”自閉”とは”自分目線”ということです。
自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群の特徴は、社会性の障害・コミュニケーションの障害・想像力の障害です。
具体的には、空気を読むことや相手の気持ちを読むことが苦手、相手の発言を正しく理解したり、自分の思いを細かくわかりやすく伝えることが難しい、次に起こる出来事を想像することが苦手で自分の安心したルール・環境に過度に固執しやすい、などがあげられます。

自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群が原因の『食べつくし系』

自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群は、常に自分目線で相手の目線に立てないので、食べられた人の立場を考えられないのではないかと思われます。

自閉症や発達障害の人が商品を万引きしたり、他人の物を盗んだり勝手に取ってしまうという事はたびたび耳にします。支援学校の関係者からも在校生がお店の商品を盗んでしまい、補導されたり問題になるといった話も聞くことが有ります。
また、物を取るだけでなく、他人の食べ物や飲み物をかってに飲食してしまうという行動も有ります。

引用:発達障害・自閉症net

注意欠如多動性障害(ADHD)

注意欠如多動性障害(ADHD)の特徴は、不注意多動性衝動性です。
具体的には、注意力にかける、そそっかしい、落ち着きがない、思い付きで行動しやすい、うっかりミスが多い、順番を待てない、カッとしやすくケンカになりやすい、欲しいと思ったものは人の物でもすぐに手が出る、などがあげられます。

注意欠如多動性障害(ADHD)が原因の『食べつくし系』の事例

注意欠如多動性障害(ADHD)は、皆で食べるという行為が苦手な人もいるようです。

発達障害(注意欠陥多動性障害・ADHD)の私は、みんなで食べる、ということができません。なぜなら、人の分まで食べちゃうから。夫には「ひとり分づつ、お皿に盛って」と言われています。
私は、子供の頃から、みんなで食べる、ということが苦手だったような気がします。全部でいくつあって、ひとり何個ずつ食べれるな、ということは、計算問題としてなら完璧にわかります。しかし、その状況になると、頭で考えていることと言動が一致しなくなります。
衝動的だからなのか、注意力に欠けるからなのか、自分の行動を覚えていられないからなのか・・。

引用:ADHDネット

こうして見ていくと、食いつくし系の人たちの中には、発達障害が原因かもしれない人が混じっているように思われます。

発達障害が原因では?と思われる『食いつくし系』エピソード

発達障害が原因なのではないかと管理人が思った『食いつくし系』の人たちのエピソードを集めました。

肉に異常に執着する『食いつくし系』の夫の話

このエピソードに出てくる夫ですが、肉に異常に執着する・周囲の人間への配慮がなく社会性に欠けるところが発達障害のように思われました。

肉類に対してのみ我慢が効かない、食いつくし系の夫の話。常…

まとめ

身近な食いつくし系の人に悩んでいる方は、ネットで検索すると「大人の発達障害チェックリスト」がたくさん出てきます。
食いつくし系に困っている方はこっそりチェックしてみると良いかもしれません。
もし、発達障害に当てはまるようならお医者さんに相談してみるのがよいでしょう。

食いつくし系のエピソードをもっと読みたい方はこちらへ

食べることへの衝動が止められず、周囲にまったく配慮しないで人…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加