ダイエットを妨害して『太らせようとしてくる女性』の特徴と心理

痩せて綺麗になろう!と、ダイエットを始めたのに、友達や同僚が甘いお菓子を進めてきたり、バイキングやケーキ食べ放題、焼肉などの高カロリーな食事に誘われたりして、ダイエットが全然うまくいかない…ということはありませんか?

もしかすると、友人・同僚は、わざと貴女を太らせようとしているのかもしれません。

今回は、そんなダイエットの邪魔をして、貴女を太らせようとする女性の特徴と心理をご紹介します。

広告

ダイエットの邪魔して、太らせようとしてくる女性の特徴と心理

友達や同僚を、デブで不細工にしたいというドロドロとした感情を持つ女性はいくつかのタイプに分けられるようです。タイプ別の特徴と心理をご紹介していきます。

1.抜け駆けが許せない『間違った平等論者』タイプ

美味しいから食べて♪そして太って!

抜け駆けが許せないタイプの女性の特徴は、あなたと同じくらいの体型の女性が多いはずです。
このタイプは『皆、同じでなければいけない!』とかなり間違った平等意識をもっていますので、自分と同じくらいの体型の人間が、抜け駆けをして痩せるのが許せないようです。

「ダイエットなんてしなくてもいいよ!」「そのままでも充分可愛いよ!」と、ダイエットの邪魔をする甘い言葉をかけてくるのも特徴です。
また「これすごく美味しいよ!ぜひあなたに食べてほしいの!」と高カロリーの食べ物をすすめてきたりもします。

2.仲間が必要な『寂しがり屋』タイプ

ぽっちゃり仲間がいないと寂しいの

寂しがり屋タイプの女性は、標準より太っている場合が多いです。
自分が太っているので、ぽっちゃり仲間がいないとさみしいのです。
このタイプは「痩せないわよね~」と、ぽっちゃり仲間で愚痴を言い合いながら、一緒に食べる仲間が欲しいため、あなたにもカロリーの高いお菓子をすすめてきたり、外食に誘ったりと仲間になるよう誘惑してきます。

3.あなたを下に見て安心したい『体型カースト信者』タイプ

自分より『下』がいると安心!

体型カースト信者タイプは、標準より痩せていることが多いです。
体型カースト信者の世界では『女の世界は、痩せている方が地位が高い』という、暗黙のヒエラルキーが存在しています。

自分が痩せているのにあなたを太らせようとする理由は、「私の方が地位が上」と、自分より下の存在であるあなたを見て安心していたいため、ダイエットの妨害をしてきます。
マウンティング女子の一種といえるでしょう。

4.あなたに脅威を感じている『ライバル』タイプ

あの子が痩せて綺麗になったらもう勝てない…

ライバルタイプは、あなたがもしダイエットに成功した場合、 容姿や年齢など女性としての魅力が確実にあなたより劣りそうな女性に多いです。
痩せたあなたの方が、確実に可愛く綺麗になって男性にモテそうなので、あなたの存在に脅威を感じて、ライバル視しています。
このタイプが、ダイエットを妨害したり、太らせようとする心理は、あなたを痩せさせないことで、あなたというライバルを蹴落とそうとしています。

5.引き立て役が欲しい『女王様』タイプ

自分が一番!引き立て役がダイエット?生意気な!

女王様タイプは標準~標準より痩せていてスタイルも良く、容姿に恵まれている女性が多いです。大変恵まれている女性ですが、性格は悪いです。「あなたが太っていたほうが私の美貌が引き立つ」という考えを持っているので、『痩せても無駄じゃない。(大人しく私の引き立て役でいればいいのよ!生意気な!)』と、容赦なくダイエットの邪魔をしてきます。

6.妬み根性・ジェラシー全開!『嫉妬の塊』タイプ

ジェラシー全開!嫉妬の塊

嫉妬の塊タイプの女性は、自分と同じような立場の人が自分より幸せになろうとすることが許気に入りません。あなたが痩せたこと・痩せようとしていることが羨ましくてたまらないので、僻み・妬み・ジェラシー全開で「肉があったほうが女らしくていい」「痩せすぎていてみずぼらしい」などの攻撃してきます。

7.お菓子配りが大好き!『お節介おばちゃん』タイプ

これ美味しいわよ~!あなたも食べなさい!

「あなた、スタイルいいんだから、そんな必要ないわよ。食べなさいよ。」と甘いお菓子をすすめてくる女性は、お節介なおばちゃんタイプに多いです。
自分はあまり美容に関心がなく、食欲優先なので他人のダイエットにも理解も関心もありません。自分が美味しいと思うものを人にも食べさせて美味しさを共有したいのです。
このタイプは性格は悪くないので、『虫歯の治療中』『医者に止められている』等、健康上の理由で仕方なくダイエットをしていると悲しそうに話すと協力してくれる可能性が高いです。

8.自分が責められていると感じる『被害妄想』タイプ

どうせ私はデブだから…被害妄想全開タイプ

被害妄想タイプは、あなたより太っていることが多く、あなたがダイエットをすることで自分が攻撃されていると感じる大変面倒臭い性格です。
このタイプにダイエットをしているのがバレると、「じゃあ私も痩せた方がいいってこと?」「あなたより太っている私の体型はみっともないって言ってるの?」と反感買います。

【例外1】拒食症などの病気

専門家ではないので詳細は不明ですが、拒食症など摂食障害系の病気の場合、『人を太らせて安心できる』という感情が湧いてくるそうです。

【例外2】純粋に心配している『本当の親友』タイプ

ダイエットの影響で『目の下にクマができている』『顔色が悪い』『皮がたるんでいる』など明らかに不健康そうな場合は、あなたの事を本当に心配している可能性が高いです。

【例外3】あなた自身の被害妄想の可能性

ダイエットをしているとどうしてもイライラしがちで、思うように体重が減らないと『みんながダイエットの邪魔をしてくるせいで痩せない』などという被害妄想に陥る可能性があります。みんな敵だ!という思考になってしまったら、自分自身の被害妄想ではないかと、少し振り返ってみることをおすすめします。

まとめ

人にダイエットに成功されると、「面白くない」「気に入らない」と感じる人間は、結構な割合で存在します。
あなたが痩せてキレイになるのが許せない人は、当然のように痩せることを妨害してきますので、ダイエットはこっそりと行うほうがいいのかもしれません。

こっそり周囲にバレずに楽にできるダイエットの記事も書いていますので、合わせてご覧ください。

また、人にわざと食べさせて『太らせて醜く』しようと企む怖い女たちのエピソードもまとめていますので、こちらもぜひご覧ください。