アマゾン川からこんにちは! 【珍】生物「アトレトチョアナ・エイセルティ」

この生物の名前はアトレトチョアナ・エイセルティAtretochoana eiselti)」
ヘビではなく、両生類 無足目のアシナシイモリと呼ばれる種類に分類されます。
大きさは70センチから80センチ
大変立派な大きさです。

広告

アトレトチョアナ・エイセルティの生態

アトレトチョアナ・エイセルティは1968年にブラジルのアマゾン川で発見された水生のイモリです。
この生物、形も変わっていますが、生態も非常に変わっています。

まず、四肢(しし)が退化していて足がありません。
移動手段は伸びたり縮んだり…。
この衝撃的なビジュアルで、その動きはちょっとやめて欲しいなと心底思いますが、足がないんだから仕方がないのです。

そして鼻と肺がありません。どうやって呼吸しているのかというと、皮膚から毛細血管に酸素を送って呼吸しているのです。

また目も退化していて、モノを見ることはできないようです。
どのようにしてエサをとっているのか、非常に不思議なのですが、呼吸をするための鼻孔(鼻の穴)こそ無いものの嗅覚自体は機能しているようで、その嗅覚をつかい、エサである小魚や水生昆虫を捕えているようですが、詳しいことは分かっていません。

アトレトチョアナ・エイセルティの写真集

まとめ

手足が無く、目・鼻・肺も無い。
こんな不思議な生き物がいるなんて地球はやっぱり広いんですね。

何かに似ている【珍】生物をもっと見てみたい方は、こちらの記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告